« 今日の苺くん♪ | トップページ | 苺くんvs白玉くんカレンダー♪ »

苺くんの歯メモ♪

苺くんの歯は、いつも同じ歯の同じ場所が、同じペースでほぼ毎回、同じサイズの棘になります。 

(※ それはこの場合とても順調なコトであって、決して「なかなか良くならない。」と言うコトではないです。 

苺くんの場合、膿瘍をやった時に歯根が溶けて顎の骨とくっついて、少しだけおかしな角度で曲がったまんま、固まってしまったのですね。

それが原因で、いつになっても膿瘍をやった箇所の歯だけ、少しだけ違う角度で生え続けてしまう。
なので、定期的に歯を削って戴いておりますが、歯削りの間隔もずっと現状維持出来ていて、特に何処かが悪化したりもしない・・・と言うコトは、とても有り難いコトですwink
 
なので、毎回だいたい同じペースで通院しています。 
 
その棘のメモです。 
 
Cimg2021_2  
 
↑左側の上の歯。 
 
2番目の歯が、いつも頬に向かって割りと大きく棘になります。 
 
でも、苺くんが「痛い」とかそう言うのはないそうですwink
2の歯にかかっている線が、うさぎ用ニッパー(※ 普通のニッパーとは違って縦割れしにくい。)を使用してカットして戴くトコロです♪。
ちょっとカット線を長く描きすぎた・・・。
歯をカットする前とカットした後にはいつもお口の中を覗かせて貰えるので、処置前と処置後の歯の状態を見る事が出来ます♪。 
 
Cimg2020_2  
 
↑上のが噛み合わさる左側の下の歯。 
 
3番目が口の舌側(内側)に向かって小さく棘になります。
こちらもいつもヤスリで軽く削って戴きます。
1本だけ飛び出ている1番目の歯は、唯一上顎の歯と噛み合わさっている(こちら側では唯一正常な長さ。)。
その為、今の状態で食事等問題がなければ、このまま現状維持で処置をしながら様子を見て行く。
(舌を噛まない為にちょうど良くなっているかも知れない。)←どこの歯の事だったかメモし忘れたtyphoon。 
 
その後に続く他の歯は、逆側のノーマルな高さの歯よりも全て低い(下に向かって伸びているかも・・・?)。 
 
(なので、苺ちゃんは片方の歯で食事を噛んでいる事が多いな・・・と思って見ていた頃がありました。) 
 
2番目か3番目の歯が下顎に向かって下に伸びている。(←下顎のコブになっているトコロ。)
問題のある歯だけ、通常なら緩いカーブを描いて生える所を、真っ直ぐな形で生えている(歯根は顎と腐骨の状態になってしまっている為、抜歯は不可能。)。
うさぎは顎が外せるので、苺ちゃんの様にどこかの歯の具合が悪いと、うまく噛もうとしているうちに、ズレて行ってしまうので注意が必要だそうです。 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
 
と、言うコトで、年末になって来たので、忘れないうちにポイントだけ簡単にまとめてみました(笑)smile。 
 
苺くん、今年は9回歯削りに通いました♪! 
 
年内にあと1回行く予定ですwink。 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
治療中の苺くんは、と言いますと、歯削りの最初から最後まで一切暴れないですwink。 
ポ〜っとしたお顔をして、お空に顔を向けてされるがまま、先生に抱っこされておりますsmile
先生は以前、皆こうしてね、あぁ、昨日のイチゴは美味しかったなぁ〜とか現実逃避しているんですよ、って仰ってました(笑)。 
 
苺くんは、歯の処置は毎回無麻酔です。
歯削りをずっと継続して行くとなると、毎回の麻酔使用はやはり内蔵への負担が心配な為、無麻酔での歯削り処置を希望してうさ友さんから教えて戴き、今の病院と出会いました。
こちらの病院では、歯の処置も保定も全て先生お一人で、素手だけで楽々とこなされます。
爪切り、オマタのチェック&綿棒を使用してのタマタマサイドのお手入れ、お腹の触診、お耳の中のチェックetc...全て一通り毎回やって戴けます。
何より、飼い主の目の前で全てして戴けるので、安心出来るのも有り難いですconfident。  
 
 
 
 
・・・関連記事・・・・・ 
 
 
 
 
 

|

« 今日の苺くん♪ | トップページ | 苺くんvs白玉くんカレンダー♪ »

歯根膿瘍」カテゴリの記事

コメント

苺ちゃん、歯の処置中じっとして偉いね~!!
そうよね、処置する時とか目の前でしてくれるとあんしんしますよね。。。
家の行ってるお医者さんは隣の部屋に連れて行かれます。歯の処置はした事ないんですが、麻酔を使うらしいです。。。
優しい先生なんですがね。。。

投稿: 菫(すみれ) | 2012年11月12日 (月) 18時56分

>菫様

こんばんわwink

麻酔って、手術とかだったら勿論仕方がないと思うのですが、歯の処置で毎回・・・となると、内蔵は大丈夫なのか?とか、ちょっと抵抗があるAmosです;^^。
うちは、何とか(←ホントに何とか w。笑)、通える範囲に評判の先生がいたので、そちらに通ってます。

海外の薬学の専門家の方で、門歯不正咬合でまだ若い場合には基本的に抜歯する、と言うお話を読んだ事があるのですが、歯を削るために数ヶ月に一度麻酔をかけることの方が、門歯がなくなるよりウサギ本人への負担が大きいのだそうです。

うちの周りでも、裏に連れて行かれる所ばかりですよ〜(;ω;)!
中には、3人がかりで洗濯ネットに入れて裏へ・・・なんてところもあり(生きて帰って来るのか凄く不安でした・・・)sweat01

投稿: Amos | 2012年11月12日 (月) 19時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日の苺くん♪ | トップページ | 苺くんvs白玉くんカレンダー♪ »